防波堤などから手軽に出来るお金のかからない遊び

魚釣りを初めて、もう15年を超えました。

小学校4年生から続けています。

私の少年の頃は、海に釣りに行って、1匹もつれなかった時はありません。

私の腕がよいのではなく、それだけ海に魚間がいたということです。

究極を言えば、木綿糸に針をつけて竹輪を刺しても、魚は釣れたのです。

ところが、最近の温暖化で潮流が変わり、海に魚がいなくなりました。

海にもぐっても、昔足の踏み間もないほどいた、テンコチがまったくいなくなっているのです。

釣り人の苦難の時代になりました。

船で釣りに行けば、探知機などで、船頭さんがなんとか釣らせてくれます。

当然、船賃が必要になります。

お小遣いの少ない私には、無理があります。

なんとか防波堤などから魚を釣ろうと、チャレンジする毎日です。

魚釣りですから、餌は必要です。

青虫が一番安く手ごろなのですが、それを500円で買って釣りに行っても餌が残ってしまうのです。

もし釣れた時に、餌がないと不安で多めに買うのですが、いつも残ります。

今では、300円分しか買いません。

1匹釣れたらばんざいです。

しかし、簡単に釣れていた昔よりも、真剣に挑むので楽しいのです。

少ない魚をどうやって誘い、釣るか経験と技術をしぼり出します。

鯵のサビキ釣りなど、釣れすぎて、昔は面白くありませんでした。

人間てわがままですね。

毎日、魚釣りが出来れば幸せだと思っている今日この頃です。

 

 

水族館や動物園の飼育員さんから聞く愛のあるグチ

先日、1日の仕事を終えてテレビを付けた時に、人のグチを聞かせてもらって、それでお金を払う、という番組がやっていました。

お風呂から上がってきたタイミングだったので、番組の名前を覚えておけなかったのですが、月曜から夜ふかしの次にやっていた番組でした。

世の中の色んな事情を抱えた人の、様々なグチを聞くことができました。

中でもわたしがいいなぁ、と思ったのは、水族館の裏方で仕事をする方のグチでした。

怯えているお魚にお薬をあげたいのに食べてくれない、サンゴの水槽は汚れやすいから掃除が大変、などのグチです。

実際に仕事をしている人たちからしてみれば、本当に大変なのだろうな、と感じます。

ですが、中にはカワウソ担当の飼育員さんは、カワウソが自分にちょっかいを出してきて仕事の邪魔をするというグチもありました。

なんとも可愛らしくて、ほっこりするようなグチですよね。

その飼育員さんが言うには、そのちょっかいを出すというのも、動物ならではの習性のひとつだそうです。

そのため、その習性を上手に引き出してあげたいといっており、とてもいい関係なのかと感じました。

また、動物園の飼育員さんたちでは、本当は自分は別の動物が大好きだからそっちの飼育に回りたかったというグチもありました。

また、動物がおしりを向けて寝ちゃうから、せめてお客さんに顔を見せてほしいというグチもありました。

さらに、動物がやんちゃ過ぎて叱ったら怯えるようになった、など動物愛に溢れた人たちのグチをいっぱい聞くことができました。

グチというと、本当にマイナスなイメージが多いので、聞いていてもあまり気分のいいものではないように感じます。

しかし、こういった愛のあるグチは、キス専用美容液のように聞いていて幸せになれますよね。

 

 

何気に始めた登山が妙にハマりました。

友達に誘われ、軽い気持ちで始めた登山ですが、元々『疲れるだけで何が楽しいんだろう?』と思ってたのに、何故かハマってしまいました。

未だに何で登山してるのかな?と思うこともしばしばです。

まだ一年経ってない初心者なんで、冬山はパスですが、去年の春から秋にかけて20回位は登りました。

季節ごとに感想を述べると、春が1番良いですね。

花粉症の人なんかは厳しいと思いますが、まだこの時期は虫もいないし、雪が溶けて風景と言うか山全体が目覚めたような新鮮な感覚の印象がとても強いです。

その次はまぁ秋なんですが、春と同じで気候的には快適で紅葉も楽しめます。

ですが、スズメバチが多かったり、何故か野生動物も多かったりな印象で、注意すべき事が多い印象です。

それで1番キツイのが冬山でしょうが、それは経験ないんで答えられませんが、夏も相当厳しいです。

虫は身体中たかってくるわ、服ベットベトになるわ、顔中蜘蛛の巣まみれとか熱中症のリスクとか今思い出しても辛かった印象があります。

それで何故かこんなハマったかと言うと、明確な答えはまだないんです。

ただ、日常にない非日常を感じれる部分が多いことと、スリムフォー効果のように感じます。

山頂から下界を見下ろした開放感や絶景なんかは、一度見たら今まで登ってきた疲れも一瞬で吹き飛びますね。

ただ登りのキツイ時は『なんでこんな事してんだろ…』と、冷めた感覚も毎回感じてます。

そのくせ登山して1週間位すると、また何故か山行きたいな…てなるのがとても不思議です。

元々興味も全くなく、キッカケがなかったら、普通にこんな趣味してないと思うのです。

あと、登山始めて意外だったのが、予想以上に山ガールが多いのにはびっくりしました。

老若男女で言うと、若男が極端に少ないように思います。

また登山でハマるキッカケは、GPSアプリ使って自分で地図見ながらルート決めたり、天候予想して装備考えたり道具揃えたりできることですね。

また、体力付けるために、普段から歩く頻度上げたりなど準備が必要な事です。

登頂したり体力ついたりなど、結果がハッキリ分かる事もあります。

下山後の飯やビールが最高に美味しい事など、こう言った事がハマる要素なのかなと思います。

ゲームの主人公みたいに、冒険する感覚に近いですかね。

まだ春まで少しありますが、また体力を付け始めて、雪解けとともに登山開始したいと思います。

 

 

 

大好きなドラマを見るとワクワクします。

小さい頃から変わっていないのですが、私はドラマを見ることが好きです。

ちょっと早いかもしれないですが、小学生の頃から夜に放映しているドラマをよく見ていました。

特に連続ドラマが好きで、毎週どんな展開になるんだろう、とワクワクしながら見ていました。

それは母になった今も変わっていません。

毎クール、とりあえず放映しているドラマは全てみます。

1話目は必ずチェックして、面白そうだなと思ったらその後も続けて見るようにしています。

そのため私のHDDはいつもドラマの録画でいっぱいになります。

ただ、1話を見て自分的に感情が入りきれなかったものに関しては次からは見なくなります。

そうやって毎クールのドラマチェックをしています。

今はあまり放映していませんが、昔はよくドラマの再放送も見ていました。

再放送ということは一度は見たことのあるドラマなのですが、久しぶりに見ると話の展開を忘れていて、初めて見た時と同じような感覚でドラマを見てしまいます。

今までに放映したドラマでこれだ、と思ったものは全ての話を録画して、DVDに落とすこともあります。

DVDに落としておけば好きな時に見ることが出来るので、たまに車で再生したり、ポータブルプレイヤーで新幹線などの移動中に見たりもします。

中々ここまでのドラマ好きはいないんだろうな、と自分でも思います。

もっと赤ちゃんのためにも、授乳中に必要な栄養とかやっている教養番組も見なくてはとも思うんですが、やっぱりドラマを見てしまいます。

毎回ドラマが終わる季節になるとちょっと寂しくなりますが、また新しいドラマの情報を見るとワクワクしてしまう私です。

 

 

新しくオープンしたパン屋にランチを食べに行った感想

最近新しくオープンしたパン屋さんがあります。

そこは2階がカフェスペースになっていまして、ランチも食べられると言う事で気になり行ってみる事にしました。

そしてこちらお店へ入るとまず1階にはマフィンがずらりと種類豊富なパンが色々とありました。

でも見るのは後にしておこうと思い、まずはお目当ての2階のカフェへ行ってみました。

すると席の方はソファ-席とカウンター席になっていて、とても落ち着いた感じでゆっくり過ごせそうなカフェでもありました。

それから早速ですがメニューの方はポトフやクリームシチューやドリア等その他結構ランチメニューは豊富な感じです。

本当どれも美味しそうでしたがこちらではポトフを注文し食べてみる事にしました。

ランチの方は全てセットメニューになっていますが、それぞれちょっと違い私が注文したポトフはそれ以外にスコーンとサラダと飲み物が付いています。

店員さん曰くこちらのお勧めの食べ方としては、スコーンをポトフのスープにつけて食べると美味しいと言う事でした。

そのとおりに食べてみると、しっとりとしてまた違った触感も楽しめ以外にもスープにも合っていてとても美味しかったです。

こういう食べ方も結構ありかなと思いました。

ただ量的に言うと、ランチとしてはお腹が一杯になる感じではなかったので、軽食で良いかなと言う時には凄く良いかもしれません。

味も美味しかったですしね。

そして帰りには、1階で売っているパン等も気になったので買って帰る事にしました。

ちなみに帰ってから食べてみたら、パンも美味しかったです。

そのような事もあり、ここへはまた次回も日を置き今度はランチ以外で行きたいなと思っています。