インフルエンザの集団感染予防に大切なこと

インフルエンザに感染したことが判明すると、学校に出席することが5日間できなくなります。

インフルエンザに感染してしまっ立としても、発熱の症状は数日で治まるので、つい登校する気になってしまうかも知れません。

しかし、立とえ平熱に戻っても、堰やくしゃみなどにウィルスはまだ残っており、他人にうつる危険性があります。

なので、出席停止の期間を守ることが、集団感染予防には大切なことです。

そんなインフルエンザに効果的な食べ物が、乳酸菌なんです。

また、乳酸菌はアトピー性皮膚炎にも効果が期待できます。

私も先天性のあとピー性皮膚炎を抱えており、コドモの頃は、「親から虐待されてるんじゃないか?」といわれる程、かなり痛ましい姿でした。

多様な治療法を片っ端からやってみても、効果を全く感じなかったのに、乳酸菌を食べたところ、あっという間に肌がきれいになり、酷い痒みもおさまりました。

スパッと食事と環境を変えてみるのも、あとピー治療にいい結果を生むかも知れません。

そんな乳酸菌が身体に良いものだということはわりと知られた事実ですが、逆に効き目がないという説もあるのですね。

これについても事実かも知れません。

そのワケは、個人差があるほか、あくまでも乳酸菌は菌であって、すぐに効果の出るお薬ではないからです。

そのため、自分に合うかどうか確認してから考えてください。

あとピー性皮膚炎の治療に使われる医薬品は、年ごとに高い効果を得られるようになっているのです。

当然ながら、必ず医師の指導の下で正しく使用するということが大切です。

もし、ちがう治療や薬剤を試したい時には、医師の指導をうけるか、担当の医師以外の医師に意見をもとめるといいでしょう。

独りよがりの判断は良い結果に繋がりません。

ちなみに、腸や体の健康に乳酸菌が良いというのは、誰でもわかっています。

昔から便秘のツボで知れ渡っているのは、へそから左右に指2本分くらい離れ立ところに天枢(てんすう)です。

また、おへその下5cm程度のところにある腹結(ふっけつ)といわれるツボも効くと思います。

手首にも支溝(しこう)と外関(がいかん)というツボが存在します。

便秘の種類によっても、効果を得ることができるツボがちがうので、自分にとって適切なツボを押すと改善につながるでしょう。

でも、ヨーグルトの乳酸菌は便秘解消効果があるといわれますが、私が試してみると、かなりたくさん食べないと、効果がないような気がします。

毎日1パックくらいヨーグルトを食べて、ようやく便通があるという感じです。

ヨーグルト愛好者にはいいですが、嫌な人もジャムを入れて味を変えてなるべく摂取するとよいでしょう。

もしもヨーグルトが食べれない場合は、乳酸菌サプリのビオフェルミンがおすすめです。

まだまだ私が子供だった頃からあったサプリメントであり、便秘や下痢や腹痛の時でも、潤睡ハーブは効果なしで、いつも私のオナカを守りつづけてくれていました。

「人には人の乳酸菌」とコマーシャルで言っていますが、私にとってみれば効果がある乳酸菌サプリは、ビオフェルミンとなるのです。